☆よろしくっ!☆

2016年2月26日金曜日

営利庵 特極め


あおぞらの写真

こんなにも空が碧くて最高の気分なので、昼間からジョギングです。

ジョギングの目的地にするには本当に丁度いい距離なんですよね。それに、あまり油っこくないから、走ってる途中に食べても胃に負担が少なくて良い。まあ、全速力で走ったらさすがにだめだけど、軽いジョギング程度なら食べた後でも全く問題ないのです。これが、豚骨系だとなかなかそうは行かないんですよね。本当は豚骨を食べたいけど、それは運動とは別の日にしたほうがいい。なので今日はこのお店です。ずぅとラーメン(仮)ラーメン大好きアキちゃんがお気に入りのお店ですね。

醤油はちょっと前に食べたことがあり、とっても美味しかったけども、今日は別のを食べたいので、まあ、塩でも良かったんですが、いかにも味が濃そうな名前の「特極め」にしてみました。イワシの煮干のほかにもいろんな魚節が入っているという「極めこってり」も興味はありますが、今日は煮干だけの特極めです。




営利庵 特極め ¥780

なんだか、まるで泥んこ水のような、どよーんと薄灰色に濁った色のスープなのに、なぜだかとっても美味しそうに見えるというのは不思議ですね。


ううーん、美味いっ!
これはあれだ、アンチョビだ。
アンチョビをそのままスープにしたらこんな味になるんじゃないだろうか。いやもちろん、アンチョビをそのまま食べたらそりゃしょっぱすぎるけど、このスープは勿論別にそういうわけじゃなくて、だけどもまるでアンチョビをそのまま飲んでいるかのような、いわしの旨いとこだけがぎゅっと詰まって濃縮された、そんなスープです。などという言いかたをすると、なんだか微妙な感じがしてしまいそうですが、そうではないのです。俺はアンチョビ大好きだし、俺の貧相な文章表現ではこんな風にしか言えなくて、すいません・・・。
いやぁ、まいったなあー。とても非の打ち所がない。どうせ、いくら美味いといったって、所詮いわし。豚骨じゃないんだから、とんこつくん的にはいくらでもケチはつけられるだろうとたかをくくっていたんですが、すいません、これには参りました。
煮干なんて、日常の料理で頻繁に使うありふれた素材だからいまいちありがたみがないし、かたぶつのらーめんもあんまりぴんとこなかったし、俺には煮干を使ったラーメンはあまり相性が良くないんじゃないかと思ってたけど、いやあ、こんな煮干ラーメンもあるんですね。いやはや。
前に食べたここの醤油ラーメンも、心がほっこりするような味で、好きだったんですが、しかしまあその時は所詮煮干、最高の豚骨ラーメンに比べたら、俺の好みという点では及ばない、と思ったのです。しかし、この「特極め」は、そんな好みの差なんて吹き飛ばしてしまうくらい、それはそれは美味しいのであります。
ま、ひとつだけ、ケチをつけるってわけじゃないんだけど、この中太のウェーブがかった平麺、これが、もうちょっとスープを持ち上げてくれるともっと良かったかなあ。いやもちろん、かたぶつなんかに比べたらはるかにスープの味を運んでくれるのではあるけど、もうちょっとだけ、例えばもう少しだけ細いとか、もう少しだけちぢれが強いとかだともっと良かったかなあ?煮干のスープってのはどれだけ濃くても、やっぱりどうしてもとろみは出ないから、麺になかなか絡みにくいんだよなあ。まあでもそれでも、できるだけ絡むように工夫してあるってのはよくわかる。ところどころに、きれいな切り口の麺ではなく、端っこのほうみたいな、ギザギザの切れ込みが入ったような麺がはいっていて、これがスープの味を持ち上げる。それに、メンマにも細かく切れ込みが入っていて、スープの味を少しでも多く口に運ぶように努力しているんだろうなあというのはひしひしと感じる。

とんぱーれの時も思ったけど、このラーメンはただ美味いというだけではなく、食べた人の心を強く打つ。このラーメンを食べて得られるものは、感動なのだ。それはこの店主が、いかにラーメンに愛情をつぎ込んでいるかということなのだ。ラーメンにとって、いや、食べ物にとって一番大事なもの、それは心だ。このラーメンは、その一番大切なものをはっきりと強く、持っている。これ以上のものがあるだろうか。

今日の評価は:★★★★★★★★ 8!です。

とんぱーれよりわずかに1点低いのは、先述の麺の件と、やっぱりとんこつくん的にはとんこつラーメンを贔屓にしたいと思うので、そういう事です。でもこのラーメンが食べた人の心に響く、その強さは、最上級の豚骨ラーメンを食べた時に比べて全く劣るものではないということは強調したいです。
まあ、「今日の評価」ってのは、味だけじゃなくて、俺の今日の気分とかも含まれてます。やっぱりこの最高の天気の下で、ジョギングして気持ちよく汗を流して、それでこのラーメンを食べたから、という要素もまあ無きにしも非ずです。それから、俺の家からジョギングして食べに行くのに丁度いいという、その具合の良い立地も、評価のうちです。俺以外の人にとっては全くどうでもいいことではあるでしょうが。

あ、あと客層って意外に大事だなあと思いました。俺が行ったときは、俺の他には人の良さそうなおっちゃんが一人居ただけです。こういう店だと落ち着いて食べられるので、気分が良いです。
やっぱりカップルでごった返している店というのは、まあ不愉快というほどではないけどもやっぱり俺としてはどうしても卑屈な気分になっちゃうという面もありますからねえ。あとはうるさい大学生とかで賑わってる店も苦手です。そういう要素って、案外大切なんじゃないかと思いました。まあ、店のせいでは全くないんですけどね。

営利庵 えいりあん
名古屋市守山区大森3-2010東雲荘一階北
11:00~14:30(しばらく昼営業のみだそうで)
定休日:月曜日

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日はどこのラーメン食いたい? ↓