☆よろしくっ!☆

2016年2月7日日曜日

どんたく 厚切焼豚ねぎラーメン


ぴあのラーメン本に半額クーポンがついてたので、いまさらこんな店に行くまでもないとは思いつつ、やはり貧乏性は免れません。
今池駅からとんぱーれに行く途中くらいにあります。
ここの程近くに、名古屋市立大学というのがあります。昔、ここのアホ学生連中に「どんたく」を推されて、そんなに言うなら、と思って彼らに付き添って行ったことがありますが、一口食べて「君らはアタマだけじゃなくて、舌までアホなのかぁ~~~っ!」とその場で狂い叫んでテーブルや椅子を蹴り散らしたわけではさすがにありませんが、内心そうしたい気持ちが満々でした。それ以来特に意識に上ることもなく、さすがにもう潰れただろうと思い込んでたんですがまさかまだやってるとは思いませんでした。その上最新版のラーメン本にクーポンまで付けてきて、いったい何を考えているのでしょうか。まさか、前より美味くなってる、なんてことは、まあ無いとは思いますがものは試しです。
ちなみにその名古屋市立大学に、水野みか子さんっていう教授がいらっしゃいますが、この方、名古屋の地下鉄全線の列車接近メロディを作曲された方なのであります。名古屋に住んでて地下鉄を使う人なら誰もが聴いたことありますよね。あれを全部作ったひとがこの大学の先生なんです。これ、ちょっとした豆ね。まあいくら教授が優秀でも、学生があれでは、この大学もお先真ッ暗といったところですね。(因みに俺ぁここの出身じゃあありませんからね。念のため)

さて、ぴあの「究極のラーメン2016」についてたクーポンは、厚切焼豚ねぎラーメン¥990とやらが半額になるというものでした。ま、以前食べたのなんてだいぶ昔だし、しかもその時ですら不味いと感じたわけだから改めて食べるまでもないと思ったんですがやっぱり半額と聞くと「ひょっとして、前より旨くなってるかもしれないから、一度くらい行ってみよう、どうせ不味くても半額だから被害が少ない」と考えてしまうものですね。



厚切焼豚ねぎラーメン 半額引き¥445

だいぶゴテゴテと具材が乗っかっていますが、元のラーメンがダメだったら意味ないですよね。
なんだかどよーんとした色調のスープですが、焦がしマー油をふりかけているのでしょうか?もちろん熊本ラーメンみたいにマー油を全面に出しているのではないですが、なんかところどころ黒っぽい焦げたような部分があります。

これは・・・・・・・・・・

不・味・いっ

ま・ず・いっ


いやーひっでぇなあ。まるでうまかっちゃんを水道水で溶かしたような人工的で薄っぺらいスープに、博多ラーメンとは名ばかりのただ細いだけで全く噛み応えがないデロデロと伸びきった麺。そうか、この人工スープをごまかすために、あまりわからないくらいほんのちょっぴりマー油をふりかけたのじゃないでしょうか。
一応店のトイレの中の張り紙に、時間をかけて豚骨を煮出しました的なことが書いてあったけど、これ明らかに工場で作った豚骨もどきの人工スープじゃねーの?まあ、商売においてウソをついたらそれは詐欺罪にあたるから、ウソは書いていないのだろうけど、もし本当に豚骨を煮出しているんだとしても、人工スープに申し訳程度だけ本物の豚骨スープを混ぜているだけなんじゃないでしょうか。それもスッカスカの豚骨をごく少量。だって普通に豚骨でスープ取ったらどうやってもこんな不味くなるはずないもの。そりゃアクが抜け切れてないとかいまいち骨の髄の旨味が出ていないとか、そういう残念な豚骨ラーメンは巷にはいろいろあるだろうけど、こんなに人工的でシャバシャバした、劣悪なカップ麺みたいな味にはどうやったってならないでしょう。

元がこんなにダメダメなんだから、いくらこんなに具材をゴテゴテと乗っけても、美味くなるわけなんてない。
でも、まあ具だけでもまともな味だったならば、そこそこ食えるものにはなるはずだけど、この具がまたご多分に洩れず、ひどいのである。
画質が悪くてつぶれてしまっているけど、写真の赤い部分は紅しょうがである。これはとりたててどうということはない。普通の、タール色素入りの市販品だろう。海苔もまあ別段どうということはない。
しかし、ごろごろとたくさん乗っかってる厚切焼豚とやら。はあっ??いったいなんなのこれ。パッサパサじゃないか。おまけに、豚の獣臭さがぷんぷんする。あのね、ワイルドな味っていうようなそんな高尚な意味じゃないですよ。ただ単にアク取って無いだろおまえ、って味。ごめん、さすがにこれは俺が作ったほうがずっと美味いわ。いや違う。煮豚を、こんなに不味く作る方法を、俺は知らない。どうやったらここまで不味く作れるのか、不思議である。臭み消しの野菜も入れずに圧力鍋で30分ほど加圧しただけ、とかかな?いや、それでもこんなに不味くはならないだろう。どうやって作ってるのか教えて欲しいくらいだ。
刻みネギ。いったい何日前のネギなのでしょうか。やたらと臭いが強烈である。それにへたっていて瑞々しさがないので噛み切るのに苦労する。まあ豚骨スープがひどいから、こんなひどいネギでも、スープの味を邪魔されたとは思わない。でもまあ食べたあとの口臭はやっぱり気になるよなあ。
そしてすごさの極まったのが、スライスされたゆで卵。これ、なんの工夫も無いただのかたゆで卵だぜ。しかも、これ半玉入ってるんじゃなくて、スライスされたほんの一片なんですよ。こうやって見ると半玉入ってるように見えるけど、上げ底です。どこへ行っても半熟煮卵が半玉~一玉入っているのがあたりまえのこのご時勢で、これはさすがに無いでしょう。固ゆでの黄身がボロボロと崩れてスープを濁すだけだ。これだったら入れないでくれよって感じ。

いやー。まあ、美味しくないであろうってことは最初っからわかってはいたけども、予想をはるかに上回るひどさ。半額クーポンに釣られてのこのこ食べに来てしまったけど、こんなゴミクズ味のラーメン、半額でもいらない。いや、タダであげるから次も来て、って言われたとしても、タダでも食いたくない。
こんなゴミクズを、金を取ってお客さんに食わせる店が、いまだに存在し得るということに驚きを禁じえない。15年前、いや20年前の名古屋ならともかく、いくら名古屋人が馬鹿舌だからといって、今のご時勢ラーメン屋もそれ以外の飲食店も、だいぶレベルが上がってきているだろう。あんまりにも不味い店は淘汰されて消えていく。それが当たり前だと思っていたのだけれど、こんなひどい豚骨ラーメンモドキのゴミクズを平気で出して金をとるような店が潰れずに営業していけてる、ってのは、まだまだ名古屋にもそんなに寛容な客が一定数居るってことなのか?寛容、って、もちろん良い意味で言ってるんじゃなくって、舌バカってことですよ。
そうだよな。思い出したよ。これが、名古屋のスタンダードクオリティなのだよな。今でこそ、美味い店も増えてきて、名古屋人が馬鹿舌だっていう認識も薄れてきたけど、俺がこの地域に来た当時は、もっと不味い店ばっかりだったよなあ。そしてその中にあっては、こんな店ですらまだマシなほうだったんだろうなあ。こんなのを当時の名古屋人は美味い美味いといって食べていたんだよなあ。そうだよ。名古屋って元来、こういう土地だったんだよ。この店はその歴史の生き証人だ。いや生きた化石とでも言うべきか。一昔前の、名古屋の人たちの舌を知るには、この店のラーメンを食べてみるがいい。他県出身者のあなたならきっと愕然とすることに違いない。こんなゴミを、当時の名古屋人(いや、今もこの店存続しているから、今の名古屋人もか?)は美味しいと言って食べていたんだ。客観的にみて、やっぱり名古屋っていうのは、味覚の砂漠といって間違いないだろう。

なんでこの店が、今ごろこんな半額クーポンを出したのだろう?たしかにぴあのラーメン本は売れるし、半額クーポンがついてる店とあらばそりゃ結構な宣伝にはなるだろう。しかし、いくら宣伝したところで、こんなゴミを食わせるようじゃ、かえって逆効果ではあるまいか。かえって客が来なくなるだろう。いや、もうこの店は潰れたほうがいいのかもしれない。きっと今回のクーポンで、安さにつられて俺みたいにノコノコ食べに来て、そして大いに失望する客がたくさんいるだろう。そうすればもうもはや誰もこの店にくる客は居なくなる。それでちょうど良いのかもしれないな。

店を出て、とぼとぼと駅のほうに歩きながら、こんなゴミクズラーメンを口にしてしまった悔しさと、腹立たしさと、情けなさとやるせなさが一度に込み上げてきて、どうにも気持ちが悪くなってしまったので、思わず今池駅の中にある多目的トイレへと駆け込んだ。
そして、吐いた。
15分ほど嘔吐が続いただろうか、胃の中を満たしていた鬱屈を、殆ど全て吐き出してしまった俺は、ようやく気を取り直し、電車のホームへと歩き出したのである。
しかし、ゴミクズを体内に取り込んでしまった不快感は、吐き出した後もなお癒えることがなかった。鉛のように灰色でどんよりとした気持ちで帰路についたのだが、電車を降りても、家についても、そう、まさにこれを書いている今でも、この不快感はまだ続いている。

昔々、中国の仙人の見習いが、幻術を使って薄汚い靴をお饅頭に見えるように変化(へんげ)させて、お師匠さまに食べさせようとしたところ、お師匠さまにそれがバレて、罰として万暦赤絵皿の中に閉じ込められてしまった、という話をどこかで聞いたことがあります。しかし、昔々の中国だけでなく、現代の日本においても、幻術を使ってただのゴミクズを豚骨ラーメンに変化させて、その変化させたゴミクズを金を取って客に食わせる店があるだなんて知りませんでした。それほどまでに、このラーメンは、取るに足らないクズなのです。こんなものを客に出すだなんて、もはや犯罪です。一刻も早く潰れることを切に願うところです。

今日の評価は:ゴミクズ

こんなもの、評価1点だってあげたくありません。いや、それどころか0点すらあげたくないのです。だからといってマイナス1点とかではイマイチぴんとこないので、こういう場合は言葉で表現することにしました。もはや数字ですらなく、「ゴミクズ」という言葉、それが今回の評価です。


どんたく 本店
名古屋市千種区神田町32-13
12:00~14:00
18:30~24:00
無休

2 件のコメント:

  1. わかる。超わかる。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      おわかりいただけましたか。今でこそ名古屋の店も多種多様になって、いい意味でも県民性が薄れてきましたが、こういう古き悪しき時代の面影が残る店を見ると、名古屋人の味覚のひどさが露わになりますね。

      削除

今日はどこのラーメン食いたい? ↓