☆よろしくっ!☆

2016年3月7日月曜日

こころ家 鶏煮干中華そば

ここもずっとご無沙汰です。ここの「たまり」中華そばはそこそこ好きで、以前はたまに食べていたんですが、やっぱりとんこつに比べると物足りません。せっかくお金を出して食べるんだから、どうしても好きなとんこつのほうに偏ってしまいます。
でもまあたまには違うものをということで、試しに鶏煮干そばを食べてみました。

待っている間、卓上の壺にはいったもやしを食べてみました。
うーん、グルタミン酸の旨味たっぷりのおいしいもやしですね。俺決してこういう味嫌いじゃないですよ。ただ、こういうのは飽きが来やすい味であることは否めません。無料サービスだから、たくさん食べられ過ぎないようにわざと飽きる味にしたのでしょうか?まあ、狙いは間違ってはいないでしょうね。

鶏煮干そばねえ。
ここ近年は鶏ぱいたんというのが流行ってますし、煮干も流行ってますね。まあ煮干は昔から流行ってましたけど、一時期の所謂マタオマ系ラッシュが影を潜めた今でもまだ根強い人気がありますよね。ま、流行りどころを上手に組み合わせた、ありきたりだけど良いアイディアなんじゃないでしょうか。しかし、流行りモノを組みあわせれば、実際美味しいラーメンになるのでしょうか?そこらへんは疑問です。食べてみないとわかりません。


こころ家 鶏煮干そば ¥780



なにやら煮干の香りが漂ってきてなかなか美味しそうだぞ。どれどれ。
おっ、煮干の鮮烈な旨みと、鶏の濃厚なダシが合わさって美味しいー   ・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・うーん、美味しい、んだけどね。うん。なんだろうなこの、そこはかとなく漂うコレジャナイ感は。。。。。。
なんだか以前もどっかで食べたような味だなー。もちろん全く一緒じゃないけど。それに、前どっかで食べた味のほうが美味しかったよなあ。
ははあ、これは、あれだ、尾張旭の「かたぶつ」に似てるんだ。かたぶつの、限定じゃないレギュラーらーめんのほうに。
鶏と豚骨の違いはあるが、どちらも動物ダシと煮干を合わせるやつだし、それにどちらも動物系とはいってもあまり白濁させすぎていない感じが似ている。そのあたりがよくある所謂マタオマとはちょっと違うなあと思わせる所以であるのだろう。そうだ、これはかたぶつの劣化コピーなのだ。
だがしかし、他にも別傾向の風味がある。これはかたぶつとはまた違った風味だけども、これもどっかで食べたことある風味だなあ。何だろう?
ははあ。これは、「家系ラーメン」の風味だ。しげ家とか萬来亭とか英吉家とかああいうやつです。家系ラーメンはスープ自体は豚骨だけども、表面に鶏油、チーユを浮かべるじゃないですか。よく家系ラーメンの注文の仕方で、濃い目多め固め、とか言うけど、この「多め」ってのがチーユ多さのことであります。
このこころ家の「鶏煮干そば」も、鶏でダシをとってるだけあって鶏油もずいぶん浮かんでいるわけです。この鶏油の風味がなんだか家系ラーメンを彷彿とさせるのでしょう。そういえば、この店の名前、こころ「家」だったよなあ。ということは、これは意図してあえて家系っぽさを演出しているのでしょうか?店主に直接話を聞いたわけじゃないからわからないけど、その可能性は多分にあるでしょう。

ま、いろいろなラーメンの良い所取りをしたような一杯だけど、逆に言えば中途半端で特徴が無いとも言える。そりゃ、上手にまとめ上げられているし、これだけ良いとこ取りしてるんだから美味しいに決まってる。でもねえ、なんだか心が躍らないわけですよ。それなりに美味しいのに、心が動かない。まるで、素晴らしい内容のお話を棒読みで聞かされているようだ。モノは悪くはないはずなんだけどねえ。なんでだろうねえ。「こころ家」なのにね。
ラーメンは、ただの栄養補給ではない。エンターティメントなのだ。だから、いくら丁寧に作られていて、美味しいラーメンだとしても、食べて心が楽しくならない、感動しないラーメンではつまらない。いや、ラーメンだけに限らず、食い物はみんな心です。って山岡さんも言ってるじゃありませんか。




山岡さん「スシだけじゃない、食い物はみんな心さ・・・・・『究極のメニュー』なんて言うが、その心をメニューにどう表そうってんだ、表せっこないッ。」
富井副部長「心・・・・・」
(「美味しんぼ」第1巻より引用)

そのとおり、食べ物を食べて、感動した、ワクワクした、心が動いた、としても、それを文章になんて表せっこありません。
2chでは、味分析が大切って言う人もいますが、そんなものでは、いかに心に響くラーメンであるかなんて少しも表現できないのです。
だから、そのラーメンがどのように心を楽しませてくれるかを知るには、本当は、実際に食べるしかないのであります。
とはいえ、俺がラーメンを食べてどれだけ心が動いたか、あるいは美味しいと評判の店にいかにガッカリさせられたか、それを書き記していくことは、実際にラーメンを食べに行く人の目安くらいにはなるのではないでしょうか?まあ、俺は文章表現が下手くそなので、もっと本をたくさん読んで上手に表現できるよう勉強したいと思っています。でも、かといって、ワインの評価をする人みたいに、例えば「濡れた犬のような香り」とか「木漏れ日差す森林の中を散歩する金髪の少女の靴の裏にくっついた落ち葉のような味わい」のような奇異な表現をしようかとは思っていません。

今日の評価は:★   1、です。

そんなに出来が悪いラーメンではないだろう、って言われるかもしれませんが、旨い不味い以前に、心に響かないラーメンには価値を見出せないのであります。

中華そば こころ家
長久手市戸田谷1027-1
営業時間
11:00~15:00
18:00~22:00
不定休

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日はどこのラーメン食いたい? ↓