☆よろしくっ!☆

2016年6月3日金曜日

サッポロラーメン エゾ麺★ロック

名古屋は味噌の国なはずなのに、ろくな味噌ラーメンの店が無いのは不思議なことです。名古屋特有の味噌ってのはつまり八丁味噌のことであり、つまりそれは愛知県岡崎市の生産品であるわけで、名古屋市のものですらないのに、なぜ八丁味噌が名古屋を代表する味覚になっているのかはわかりませんが、ともかくも名古屋独特の味噌というのはもっぱらうどんやおでん、どて煮、カツなどに使われ、ラーメンに効果的に上手く取り入れられている例は皆無なのであります。俺が知らないだけで、名古屋の味噌を使った旨いラーメンがどこかにあるのかもしれませんが、俺の知る限りではたいてい観光客向けのくだらないシロモノばかりなのであります。
かといって、名古屋やその周辺には、いわゆる北海道、札幌系味噌ラーメンやその他の味噌ラーメンのまともな店も無いのであります。俺の好きな九州豚骨ラーメンもあまりマトモな店は少ないですが、やはりとんぱーれがあるし、だいぶ落ちるけど大幸ってのもある。一番軒も今はひどいですが尾張旭にあったころは結構美味かったし、日進の、今は「一番舎」というクソなつけ麺屋になってしまっているあの場所も元は「一番軒 澤田家」というすばらしい長浜とんこつラーメンであったわけです。あの澤田家がなくなった時点で一番軒系列は俺の中で完全に終了したのですが、まさかここまでひどい状況になるとは夢にも思いませんでした。現状がどんだけ酷いかは、とりあえずビルヂングのけいすけの隣に行ってみればわかります。
まあ一番軒の話はおいといても、要するに、豚骨ラーメン以上に、味噌ラーメンのろくな店は名古屋に無いのですね。名古屋で唯一俺が旨いと思う味噌ラーメンは実に、「しゃんがりら」一択なのです。なりたけも好きではありますがあれは味噌ラーメンとして好きというより背脂がたくさん乗ったラーメンとして好きなのであって、あの店は別に味噌だけじゃなくて醤油も同じくらい好きなわけで、味噌ラーメンならではのアドヴァンテージがあるわけではありません。銀のくらはなんだか高いだけで大した味じゃないから嫌いだし、熊ちゃんの店は、好きな人は好きらしいけど俺みたいな若造にはあっさりしすぎて物足りないし、さっぽろ亭と来た日にはあんなのは業務スープに味噌溶かしてるだけのようなクズにしか思えないのであります。他になんかいい店あったっけ?ああ、ふくろうはまだ行ってないです。あれは山形ラーメンだよなあ。名古屋でわざわざ山形のラーメンを食べようとは思いません。他になんかあったら教えろください。
そんなわけで、この「エゾ麺★ロック」も、どーせ大したことないだろうとは思いましたが、いつもしゃんがりらばっかりでは飽きるし、さすがになりたけはコンディションを選ぶので、一度くらい食べてみてもいいかなあと思い至ったわけであります。
だいたい、こういう店名嫌いなんですよね。なんか店名のインパクトで客を呼ぼうとしている。「中カソバ まつ子。」もその類ですよね。出てくるラーメンは凡庸そのもの。でもこういうのにコロっとだまされる客って名古屋人に多いんですよね。明らかに狙ってるでしょう。
(上でしゃんがりらを褒めておきながらまつ子を貶すなんて、一貫性がない、と言われるかもしれませんが、俺は別にHGさんの擁護者でも批判者でもなくて、そんなことは全然関係なしにただ単に旨いものとマズイものをその通りに言っているだけなのです)
この周辺、プロの女の人とお遊戯できるお店が集まっています。俺こういう店行ったことないんだけど、そんなに楽しいのかなあ。ああいうヤり慣れてる女の人とヤったってつまらないだろう。それよりも、電車の中で偶然出会った女子高生とかを連れ出して公園なんかに連れ込んでヤるほうが気持ち良いと思うんだけどねえ。俺のほうが少数派なのかなあ。まあどっちもヤったことがないからどっちがいいのかはわかりません。
さて、麺の箱に「西山ラーメン」と書かれています。それに、店内のいたるところに「西山ラーメン」と書かれたポスターが貼られているので、このお店は「西山ラーメン」というラーメンチェーンの支店か暖簾分けかなんかだと最初思いましたが、どうもそうではないようですね。ただ単に「西山製麺」という会社から麺を仕入れているだけなのですね。札幌のほうではこの西山製麺の麺は主に家庭用向けであって、お店でこれを使っている所にはロクなものがないということが定説になっているそうですが、あえてわざわざそんな麺を使ってくるあたり、どーせ名古屋人にはこの程度で良いだろうという、上から見下した態度が見え隠れします。俺も名古屋人をバカにしているけど、一応住んでいる手前、他所の人にバカにされるとそれはそれで腹が立ちます。
(尤も、バカにされている事にすら気づかずのんきに褒める名古屋人達もどうかと思いますがね)



いやあ、しかし、ここも高いなあ・・・800円ねえ。俺が大好きなとんこつだって一杯800円じゃ高いと思うけど、味噌ラーメンで800円ねえ。ちょっとこれはどうかと思います。チャーシューにすると軽く1000円超えるなんて。みんなはリッチマンだから俺の金銭感覚がおかしいっていうけど、だって1000円稼ぐのって大変じゃありません?俺はかなり大変だと思うのですよね。学生時代なんかに肉体労働のアルバイトしたことある人ならその気持ち解ってくれると思うんですが、みんなそんなに苦労してないのかなあ。その1000円をつぎ込むのだからよっぽど幸せな気分にならないと元は取れませんよ。ラーメンなんかに1000円も出すなんて俺には考えられません。ラーメンは安くて美味い、のが定石でなければいけません。

しばしば言及されることですが、味噌ラーメンってのは、最大の欠点があるのです。それは、「味噌という調味料は、味が強すぎる」ということであります。あまりに味噌の味が強いために、ダシの味や麺の味なんかがよくわからなくなってしまって、結果的にテキトーなダシでもきちんとしたダシでも大した違いが無くなってしまうのです。これは醤油、塩、そしてとんこつラーメンにはない、味噌ラーメン独特の欠点であります。「ラーメン発見伝」の藤本さんも同じことを言ってます。クリックで拡大しますので一読願いたい。

クリックで拡大

藤本さん「つまり、味噌という調味料はうますぎる・・・それが味噌ラーメンの最大の魅力であり、最大の弱点なんです」(中略)
勇太のオフクロ「・・・痛いところを突かれちゃったサ。だから味噌ラーメンは難しいんだよ。手抜きスープもキチンと取ったスープも一緒くたに味噌の旨味に塗り潰されちゃって・・・できたものは60点と70点ぐらいにしか違わなくなるんだよねェ・・・」


(久部緑郎、河合単「ラーメン発見伝」第3巻より引用 )

俺も全くその意見に同感です。せいぜい頑張って作っても70点止まりになってしまうんですよね。だから味噌ラーメンなんかに800円も出すのは辛い、と言うのです。
それを克服するには、一つの方法として、味噌の味の強さに負けないほどの濃厚なダシを取ってしまえばいいと、この後藤本さんが提案するのですが、オフクロさんは「それじゃ濃すぎて万人に受けない」ということで却下するのです。しかし、俺はまあ、ひとまず、それで良いような気もするんですよね。そもそも俺はこってりしたラーメンのほうが好きなので。で、それを踏襲しているのがあの、「しゃんがりら」の味噌ラーメンなんですよね。だから、今のとこ、食べる価値がある味噌ラーメンは、名古屋にあの一店しかないと断言するのです。
さて、果たしてこのエゾ麺★ロックはどうなのか。




みそラーメン ¥800

札幌ラーメンらしく、結構な量のラードが浮いていますね。しかし、札幌ラーメン独特の、火入れしたラードの香ばしさがありません。これはどうしたことでしょう。火入れしたラードは、軽く焦げて香ばしい香りを醸しだすものですがねえ。これはもしや、きちんと火入れしてないのか?札幌ラーメンなのに?いや実際どうなんでしょうかね。
摩り下ろししょうががちょこんと申し訳程度、肉の上にのっかっている。食べながら溶かして味を変えるためなのだろうが、こんなちょこっとじゃほとんど意味ないでしょう。見た目ちょっとだけ洒落っぽく見えるだけの、ただの飾りですね。
まずスープから行きますが・・・あれれれぇー。これも、甘いよぉー。
なぜなのだろう?名古屋風のラーメンってわけじゃないのに。あの糞みたいな甘ったるさは西日本特有のもので、北のほうはあまり甘ったるい味付けをしないもんだと思っていたが、そうでもないのか?それとも例によって名古屋人の味覚に合わせてきているのか?ちょっとその判断はできませんが。
だけど、俺はこの甘さ、嫌いです。
もっとも、甘さだけではなくて、味噌のしょっぱさも相当強い。ラードのおかげか、温度もなかなかにアツアツである。ここらへんはまあ、好感が持てるところだけど、でも、甘さとしょっぱさと温度のおかげで、確かにどんなダシが使われているか全くわからないほど塗りつぶされている。味噌だれとアブラの味の強さに、ダシの味が対抗できていないのだ。まさに上記の言及通りの、欠陥ラーメンである。
が「野菜だの動物系の旨味が云々はよくわからん」と書いてるし、酉勃妊も「味としては紛れもなく味噌」と書いてるが、まあそういう風にしか書けなかったというのも頷けるぜ。
本当につまらん味だ。60点と70点ぐらいの違い、と上記のマンガには書いてあるけど、それに当てはめればこの「エゾ麺」のみそラーメンは、65点くらいに位置するのではないでしょうか。まさに中庸、凡庸。
そしてこの「西山ラーメン」とやらの麺はまた、スープ以上にひどい。なんなんだよ、この、まっ黄色に染まったゴムみたいな麺は。余談ですが「まっ黄色」って書こうとすると「末期色」って変換されるんですよね。でもそれもなかなか言い得て妙でしょう。だってこの、歯石がこびりついた不潔な歯のような不自然な黄色は、かん水の使いすぎでもたらされるものだからだ。かん水使いすぎると、ぷっつんという歯切れを通り越して、ゴムみたいにごわごわにちょにちょになるんだよね。まさにこの麺がそう。
しかし、かん水だけでこんな不自然な末期色になるかねえ?卵の黄身を使っているのかなあ。いや、こんな店でそんなコストのかかることをするはずはないから、これは着色料で色をつけているんじゃないかと思うんですよね。ひょっとしたら、タール系色素の黄色4号とか5号とか、そんなやつかもしれません。あの、石油から合成するやつです。あれじゃなくてアナトー色素とかの天然色素かもしれませんが、どっちにしても、これは自然発生的な色ではなくて人工的に着色したものでしょうね。さすがに、味分析ではなく、色分析は食べただけじゃわかりませんが。
この麺も、ほとんど味なんてわかりませんね。味噌だれとアブラの味が強すぎて、かん水臭いとかそういうのを感じることはありません。だから丁度いいのかもしれませんね。
ただし、このメンマはまたさらにひどい。これは、このタレ味の強さにも負けないほどの重曹臭さがぷんぷんするのだ。重曹を使うとメンマが早く戻るらしいですね。俺はラーメン屋じゃないしそういう製造現場のことはよくわからんけど、つまりそうやって時間短縮したせいでマズくなっているのでしょう。全く、一陽軒とは対照的な、誠意のこもっていない仕事ですね。

これだけコンテンツがお粗末なのに、意外とそこそこ食える味に仕上がっているというのは、やっぱり味噌という調味料に特有の、魅惑的な力強い風味のおかげなのでしょう。決して、全体として「マズイ」とまでは思いませんでした。だけどこれは、全然心にぐっとくるものがありません。マズくはないけど、食べていて本当につまらないラーメンなのです。温度こそ熱いものの、その内容は、心が通っていない冷たい味です。まさに腹をふくれさせるだけの機械的なエサ。こんなものに800円出す筋合いは、俺にはありません。
そういえば客層は俺の他には、なんかガタイがデカくて、やたらとピアスだのネックレスだのアクセサリーをちゃらちゃらさせた、いかにも粗雑そうな、ケンカっ早そうな男性陣数名でした。きっとこれから、ここらへんの近所のお店の、プロのおねいさんたちとプロレスごっこでもヤって遊ぶのでしょう。それとも、もうヤってきた後なのかなあ。どっちにしても、この人たちにとっては、味なんてどうでもよくて、プロレスごっこに備えてとりあえず腹をふくれさせなけなければいけないのでしょうね。なるほど、こいつらみたいな奴には丁度いい味、というわけなのでしょう。

今日の評価は:★★ 2、かな。

面白味もへったくれも何も無い、全く心にぐっと来ないラーメンですが、しかしマズいというほどではないかならあ。そこらへん、酷くマズいはなびの台湾まぜそばと一緒にしちゃ公平じゃないから、2くらいにしてやる。でも、こういう全然面白くないラーメンは俺嫌いです。だから、限りなく1に近い2、ということになるでしょう。こういう風に、1.5とか1.25とかどんどん評点を細分したくなる気持ちはわかるのですが、それやっちゃうとわけわかんなくなるから俺はしません。


☆サッポロラーメン☆ エゾ麺★ロック
愛知県名古屋市中区新栄1-1-26オアシスビル B1F
平日
11:30~14:00
17:30~26:00
日祝
11:30~20:00
(あれ?土曜日は?書いてないぞ)

定休日:不定休
(こういうの止めてほしいよね、いつ休むかわからないだなんてお客に対する誠意が欠けています)

3 件のコメント:

  1. あまりにも物事を知らなさすぎるのに吃驚致しました。
    ラーメンのことには多少は詳しそうと思っていたのですが、そうでもないことに最近気付いてきましてがっかりしております。
    頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. じゃあいろいろ教えてくださいな。
      別に俺ただとんこつが好きなだけで、詳しいわけでもなんでもありません。特にとんこつ以外のラーメンなんてあまり興味もないしそれほど知りたいとも思わないので、頑張る必要なんてありません。
      それとも、知識をたくわえれば、このクソつまんねー味噌ラーメンも美味しく感じられるのでしょうか?そうだとしたら、そんな知識は要りません。

      削除

今日はどこのラーメン食いたい? ↓